身の丈に合ったものを選ぶ

レンタルとか主役とかにこだわらない

ウエディングドレスや小物類は大抵レンタルされる方が多いのですが、実は購入しても大差ないものもあるのはご存知でしょうか。
自分の身の丈にあったものが比較的安く手に入るなら、購入するのも悪くないと思います。何より思い出に残ります。
あとは、メルカリやヤフオクで手に入れる方もいらっしゃるみたいです。
ネットで購入の場合でも、実際の生地が先に送られてきたりと、購入前のケアも充実している所もあるのでお勧めです。
そして結婚式場は貸し切りに出来るような会場であると、ゲストも他の利用者を気にすることなく楽しむことが出来ます。
式場の受付にも色々なアイテムを置き、ゲストに楽しんでもらえるような工夫をするということも出来ます。
例えばウエルカムボードを置いて、まるでホームパーティのような雰囲気を出したりしても良いかもしれません。

ゲストに向けたブライダルアイテム

ゲストに向けたブライダルアイテムは、席札といったペーパーアイテムが主なものですが、ゲスト向けのお揃いのコサージュなど、楽しんでもらえるようなアイテムもあります。
新郎新婦は主役であると同時にもてなす側でもあります。出席して下さった方々のためにと考えて、様々な趣向を凝らした結婚式も素敵ですね。自分達らしさを第一にして、ブライダルアイテムもそれに合わせて選んでみても良いかもしれません。ゲスト一人一人に合わせたメッセージ入りの席札を用意するのも良いですし、写真撮影用に、変身サングラスやプラカードなどを用意しておいても楽しそうです。
ブライダルアイテムは、使い方次第で後々語り継がれる結婚式になるようなものも沢山あります。アイテムそのものだけを見るのではなく、想像力を働かせて有効に活用させるのも良いかもしれません。